このページの先頭です

脱毛は痛い?痛みはこうすれば大丈夫。原因と軽減策はコレ!

 

 

脱毛は痛いって本当?

脱毛エステサロンや医療クリニックでのレーザー脱毛で全身つるつるお肌を手に入れようと、カウンセリングの予約を入れたのはいいけれど、心配なのが、痛み・・。

全身脱毛はとにかく痛そうなイメージがありますよね。

実は、レーザーによる脱毛には痛みが全くないわけではありません。

でも、安心してください。

痛みには原因があるのです。

この原因が解明したら、レーザー脱毛へのあなたの不安が消えることでしょう。

なぜかって?

それは、痛みを軽減する方法があるからです。

 

ではここで脱毛の痛みの原因と軽減策をご紹介します。

 

脱毛の痛み【原因1:脱毛方法】

脱毛には痛みがあるとお伝えしましたが、自己処理の脱毛ワックス等の痛みとはだいぶ違います。

では、脱毛機器を使用して専門スタッフに施術してもらうと、どのような痛みを伴うのでしょうか?

痛みの原因を探りながら、ご説明します。

 

まずは脱毛方法ですが、実は、脱毛エステサロンと医療クリニックでは大きな違いがあります。

脱毛エステサロンで多く導入されているのが光脱毛(フラッシュ脱毛)、医療クリニックでは医療レーザー脱毛です。

一般的に医療レーザーの方が施術中に強い痛みを感じると言われています。

その理由は、レーザーの性能にあります。

医療レーザーはお肌の内部の黒色の部分に反応するのですが、比較的高い出力のレーザーを照射しています。

また、このレーザーは、ムダ毛と一緒に皮膚のメラニン色素(お肌の黒い箇所)にも反応し刺激を与えているため、高い出力で毛根にかかる刺激と共にお肌にも痛みを感じさせてしまうのです。(※)

但し、出力が高く直接毛根にレーザーを照射させるので、脱毛効果は非常に高く、永久的な脱毛効果が期待できると言われています。

もう一方の脱毛エステサロンでの光脱毛(フラッシュ脱毛)は、お肌の内部の黒色に反応しますが、医療レーザーに比べてとても弱い光を広く優しくお肌に照射します。

この光は毛穴のメラニン色素にのみ反応し、毛根にダメージを与え毛の再生力を弱まらせ、自然と毛が抜け落ちる仕組みになっています。

光の波長が大きいが照射出力が低いため、お肌に刺激を感じることが少なく、ほとんど痛みを感じないというのが特徴です。(※)

 ※痛みの感じ方には個人差があります。

但し、光脱毛は出力レベルが低いため、脱毛効果を得られるのも、回数が一回では満足いかないことがあるかもしれません。

しかし、お肌には大変優しい光なので、肌内部の再生機能が優しく刺激を受けることで美肌効果の期待ができる脱毛方法であると言われています。

 

このように、痛みの点からみれば、脱毛エステサロンの光脱毛の方が痛みを感じにくいという結果になりました。

 

脱毛の痛み【原因2:レーザーの機種】

脱毛方法によって痛みに違いがあることが分かりましたが、実は、医療レーザー、光脱毛、それぞれの機器に細かい種類があり、それぞれの特徴から痛みも少しずつ変わってきています。

では次に、更に深く、レーザーの種類別にご紹介します。

 

【医療レーザー】

医療レーザーの種類

痛みの特徴

アレキサンドライトレーザー

メラニン色素の反応が強いためうぶ毛には適していません。

肌色にも反応するため、日焼けや色黒には施術NGです。太く濃い毛に特に適しています。

ショット式のため、ぱちんと弾かれたような強い痛みがあると言われています。

ダイオードレーザー

波長が長くレーザーが皮下組織深くまで届くため、うぶ毛にも効果があります。

皮膚を吸引し伸ばしポイントだけを照射する機種(ショット式)や、熱を蓄積し毛根部分のバジル領域にじっくりダメージを与える機種(蓄熱式)があり、比較的弱い出力で効果的な脱毛処理が可能なため、特に蓄熱式は痛みが少ないと言われています。

(ダイオードレーザのショット式は少々痛みを伴います。)

YAGレーザー

波長が上の二つよりも一番長く、皮膚のかなり奥深くまで届くため、肌のメラニン色素には反応せず、日焼けした肌でも施術可能です。

根深く濃いムダ毛の使用に適しています。

レーザー照射時に冷却ガスを噴出し、肌の温度を下げて瞬間的に麻痺させ痛みを軽減させる機種もありますが、ショット式でしっかりと毛根周辺に熱ダメージを与えるため、比較的痛みを伴うと言われています。

 

脱毛効果の高い医療レーザーをご希望の場合、痛みを軽減させるのであれば、ダイオードレーザーの蓄熱式の機種がおススメです。

 

【光脱毛】

光脱毛の種類

痛みの特徴

ハイパースキン法

小さなお子さん、何と3歳から脱毛OK!というくらい痛みのない脱毛法です。

光の熱で毛根にダメージを与える他の脱毛法とは異なり、発毛因子に働きかける方式で高温の熱を発生させないので、痛くないのです。

ディオーネのほか、医療機関でも採用されています。

IPL脱毛

(インテンシブパルスライト)

キセノンランプを使用した脱毛機器です。

美肌目的のフォトフェイシャル治療で使用されている機器のため、脱毛と同時に美肌効果が期待できます。

痛みが少なく、顔脱毛にも向いているのが特徴です。

銀座カラーTBCエピレキレイモ恋肌レイビスで使用されています。

SSC脱毛

(スムーススキンコントロール)

IPLよりも肌に優しいクリプトンライトを使用しており、肌へのダメージ痛みが少ないのが特徴です。

顔やVIOゾーンなどデリケートゾーンの脱毛処理に向いています。

脱毛ラボミュゼプラチナムコロリーで使用されています。

SHR脱毛

(スーパーヘアーリムーバブル)

蓄熱式脱毛で、ムダ毛の毛包部やバルジ部にダメージを与え、ホクロの毛やうぶ毛、日焼けした肌、色素沈着の肌にも可能です。

IPLやSSCよりも低温の光を照射するので痛みをほとんど感じません。

肌へのダメージもきわめて少ないです。

ストラッシュラココアイセルで使用されています。

 

光脱毛はもともと痛みの少ないものなので、あまり痛みの差はないようです。

その中でも、脱毛の痛みが気になる方に特におススメなのが、子どもでも脱毛可能なくらい痛みのないディオーネです。

 

<痛くない脱毛>ディオーネを詳しくチェック!

 

 

脱毛の痛み【原因3:脱毛部位】

 

今までは機種や脱毛方法から痛みの原因を探ってきましたが、実は痛みは脱毛する部位によってもかなり変わってきます。

これは皮膚の薄さや、毛質、普段洋服で隠れている場所か外に出ている場所かにもよります。

脱毛機器や毛質、肌状態、感じ方による個人差はありますが、一般的な部位別の痛みを全身で見てみましょう。

 

部位

脱毛時の痛みの状態

ワキ

ムダ毛が濃く太いため照射反応がしやすく痛いようです。

VIO

ムダ毛が濃く太く密集し、皮膚が薄いため痛みが強いです。

特にVライン、Iラインの痛みを感じる人は多いです。

Oラインであるお尻は皮下脂肪が多いため幾分痛みが軽減されるようです。

あまり痛くありませんが、まれにチクッとした痛みを感じる人がいます。

うなじ

痛みを感じやすい部位です。

ぴりぴりした痛みを感じる人もいます。

ひざ下、ひざ上

膝上は膝下よりも痛みを感じる人が多いです。

我慢できないほどではありませんが、やや痛い部位です。

鼻の下は皮膚が薄く、眉の上は濃く太い毛のため痛いようです。

反対に、アゴや頬はうぶ毛があまり生えていないこともあり、痛みを感じない人が多いです。

背中

毛が少ない場合は痛みをほとんど感じません。

広く照射ができる光脱毛に適しています。

お腹、胸

皮下脂肪が多くあまり毛が濃くないので、痛みは気にすることなく施術できる場所です。

 

一番痛いという声を聞くのが圧倒的にVIOライン(デリケートゾーン)と、ワキです。

普段から洋服で隠されている部分は比較的痛いという経験者の口コミや体験談の記事を目にします。

反対に比較的痛みが少ないのは毛が細く、密集していない部位です。

また、常に露出している肌は、皮膚が強くなっているので、痛みに強いようです。

 

脱毛の痛み【軽減方法とその他の原因】

脱毛の痛みは部位によってもかなり変わってきますが、その軽減方法についてご説明します。

 

まず、脱毛処理中に痛みを感じた場合には、施術スタッフにすぐ申し出て下さい。

あまりにも刺激が強いときや激痛を感じたときは、施術後に皮膚炎等の肌トラブルを起こし皮膚科への通院が必要になるなど悪い状態へと発展してしまう可能性がありますので、すぐに施術スタッフに申し出る必要があります。

全体的にレーザーの照射レベル(出力)を下げてもらうことで、刺激や痛みは軽減されることでしょう。

部位ごとにレベルを変えてもらうのも、痛みの軽減には効果があります。

また施術後には施術部位を保冷剤等でしっかり冷やすことで痛みが薄れ、肌トラブルも避けられます。

 

また、あらかじめ痛みに弱い体質であることが分かっていらっしゃいましたら、最初のカウンセリング時にスタッフにお伝えしておきましょう。

医療機関である医療クリニックや美容外科等は、キャンペーンやコースによっても変わりますが別料金かあるいは無料で、麻酔クリームや笑気麻酔等を使用してくれる場合があります。

脱毛エステサロンを利用の場合に、来店前に痛み止めを使用したい時等はスタッフに相談してからにして下さい。

自己判断で服薬してしまった場合には施術を断られてしまうことがありますのでご注意下さい。

 

また、痛みを感じやすい時期があります。

それは、生理前後です。

この時期はホルモンの関係で痛みに敏感になると言われています。

生理前後の施術を控えることで痛みを避けることができます。

 

それから肌質にもよりますが、お肌が乾燥していると刺激に敏感になり痛みを感じやすいので、特に秋~冬の時期の保湿は大切になります。

日常的に保湿を心がけ、施術時にかさかさしている状態を作らないようにしておきましょう。

保湿されているお肌は外部の刺激をやわらげますので、脱毛による痛みを軽減できます。

 

脱毛の痛みのまとめ

 

【脱毛の痛みのまとめ】

1.脱毛の痛みは脱毛方法・機種によって変わる。

①脱毛効果が高く痛みを伴うのが医療レーザー。

医療レーザーで一番痛みが少ないのが、ダイオードレーザーである。

②光脱毛は美肌効果のある優しい脱毛で、全機種あまり痛くないと言われている。

特にSHR脱毛やSSC脱毛は痛みが少ない。

 

2.脱毛の痛みは部位によって変わる。

①VIOや脇など、毛が太く濃く普段服に隠れている部位は痛い。

②毛が薄い部位は比較的痛くない。

 

3.痛みを軽減するには、いくつか方法があるので必ず申し出る。

①レーザーの出力レベルを下げてもらう。

医療クリニックならば麻酔を使用することもある。

②生理前後の時期を避ける。

③日頃から保湿に心がける。

 

いかがでしょうか。痛みを軽減する方法お分かりいただけましたでしょうか。

痛みは我慢せずにスタッフに相談をして少しでも快適な脱毛時間をお過ごしください♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です