このページの先頭です

脱毛の日に生理が来たら!?各サロン・クリニック対応まとめ

脱毛の予約をした日に生理になってしまったら?

脱毛サロンの予約は、店舗によってはなかなか取れないところもありますよね?

せっかく苦労して取った予約日に生理になってしまった!どうしよう・・・

 

女性につきものの悩みといえば、<急な生理>

 

大切な予定を狂わせてしまうこともある、ちょっと困った問題ですよね。

 

ところで、生理が来ると、脱毛はできないのでしょうか?

調べてみたら、各脱毛サロン・クリニックによって、対応が異なっていました。

急に生理でもあわてないで!

脱毛と切り離せない<急な生理の問題>を、細かく見ていきましょう。

 

 

生理中に脱毛できる?各脱毛サロン・クリニックの対応

生理中に脱毛ができるかどうかは、脱毛サロン・クリニックごとに対応が異なっています。

各脱毛サロン・クリニックにおける対応の違いを、VIOゾーンとその他の部位で見てみましょう。

 

【人気サロン・クリニックの生理中の対応】

サロン・クリニック名

VIO脱毛

その他の部位の脱毛

キレイモ

×

ヒップ以外○

脱毛ラボ

×

ヒップ以外○

ミュゼプラチナム

×

痛み止め服用がなければ○

銀座カラー

×

ヒップ以外○

湘南美容外科クリニック

タンポンを付ければ○

痛み止め服用がなければ○

新宿クレアクリニック

×

 

ミュゼ湘南美容外科クリニックでは、生理中は痛み止めの服用があると脱毛NGとはっきりと言っています。

しかし、他のサロンやクリニックでも、服薬があると脱毛自体を施術できない店舗が多くあります。

ですから、契約前のカウンセリングの際に、生理や服薬時の対応を確認しておくことが大切です。

生理になって施術を受けたいときには、必ず服薬の有無、生理の状態をスタッフにお伝えして、ほかの部位の施術ができるかどうか確認をしてください。

 

湘南美容外科クリニックでは、タンポンを付けていればVIOラインも施術可能となっていますが、生理中は「痛みを強く感じやすい」「炎症などが起きやすい」「脱毛効果が感じられにくい」等の観点から、できれば生理中の脱毛は避けたほうがよいとされています。

どうしてもこの日じゃないとならない、という場合は仕方がないとしても、特に問題のない日であれば、可能ならば別の日に予定変更することをおススメします。

 

 

ところで、生理になったのが予約当日だった場合、果たして予約のキャンセルや変更はできるのでしょうか?

生理になってしまったときにキャンセルができるか、人気サロン・クリニックの当日の対応、前日までの対応を見てみましょう。

 

脱毛の予約は生理で変更できる?各脱毛サロン・クリニックの予約変更キャンセル対応

 

脱毛の予約を入れている日に生理が重なってしまったら、まず始めに脱毛エステサロンに連絡を入れます。

(HPやアプリで予約の管理をしているサロンもあります)

各社の取り決めや契約内容にもよりますが、一般的には2日以上前なら、予約の変更やキャンセルは可能です。

しかし、これが当日となると、場合によってはキャンセルが効かず、キャンセルしてもその都度払いならキャンセル料を取られたり、回数制なら1回分としてカウントされてしまったりする場合があります。

 

では、各社のキャンセルの対応についてご紹介します。

 

【人気サロン・クリニックの予約変更/キャンセル対応】

サロン・

クリニック名

前日までのキャンセル・予約変更

当日のキャンセル・予定変更

キャンセル料・ペナルティ

キレイモ

【月謝制】

・3日前まで可能(2日前から不可)

【回数制】

・前日夜9時まで可能

不可

 

【月謝制】

・2日前から発生

・予約分消化

【回数制】

・前日夜9時以降から発生

・1回分消化

脱毛ラボ

2日前の21:30まで可能

不可

・2日前の21:30~発生

・1000円+脱毛1回分消化

ミュゼ

お手入け開始24時間前まで可能

不可

・24時間前~発生

・1回分(予約分)消化

※解約時の返金対象にもならない

銀座カラー

前日19時まで可能

※会員サイトでは前日23:59まで可能

不可

・1回分(予約分)消化

・脱毛し放題コースの場合は2000円キャンセル料

湘南美容外科クリニック

前々日23時まで可能

不可

・2日前23時~発生

・3000円(事務手数料代として)

新宿クレアクリニック

2日前まで可能

不可

・前日~発生

・1回分(予約分)消化

 

当日キャンセル・予定変更については、基本的には不可で、キャンセル料が発生したり、1回分(予約分)の消化されたりになります。

キャンセルが無料で簡単にできるようになると、場合によっては無理なスケジュールで予約を入れて、当日キャンセルを申し出る人が多数出てくるかもしれません。

それによって、他に予約を取りたい人の妨げや店舗スタッフの迷惑になるかもしれませんので、安易なキャンセル防止のためにも、キャンセル料やペナルティの発生は仕方がないのかもしれません。

 

キャンセルできないからといって、生理のことを黙っていれば分からないだろうと、当日スタッフに生理を告げることなく施術するということは決してしないで下さい。

お肌やその他のトラブル等が起きてからでは遅いので、黙って施術しようとするのは絶対にやめましょう。

 

脱毛は生理中にできる?生理中の脱毛で考えられる問題点

VIO脱毛はデリケートな部位なので、通常の場合でも刺激や衛生面に注意が必要な場所ですが、生理中は経血が出てしまう恐れがあるので、特に気を付けなければなりません。

万が一それが脱毛機器等を介してほかの人の皮膚の傷や粘膜に付着すると、病気や感染症を起こすリスクがあります。

ですから、生理中のVIOゾーンの施術は断られる脱毛サロンがとても多いのです。

ごくまれにタンポンを使用してVIOの施術ができるという脱毛サロン・クリニックもありますが、生理中の脱毛のデメリットを考えると、VIOゾーンに限らず脱毛自体あまりおススメはできません。

 

生理中のデメリットは経血以外にもあります。

生理中のお肌は、肌荒れや炎症等の肌トラブルが起こりやすくなっているので、脱毛サロンで行われる光脱毛の優しい刺激であっても、過剰に肌が反応し、痛みを伴ったり、赤みや炎症を起こしたりする可能性があります。

特に医療クリニックでの医療レーザーでは、痛みが増すことが懸念されます。

 

それから、生理中は正常なお肌の状態ではないことがあるため、通常より脱毛効果が薄れることが懸念されます。

実は生理周期には、脱毛に向いている時期と向いていない時期があるといわれています。

 

【生理周期】

月経期(生理中):肌トラブルが起こりやすく痛みを強く感じる時期。

卵胞期(生理が終わり排卵までの時期):エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が最も多く、肌の調子がよくなる。

排卵期(排卵日~生理1週間前):卵胞期の次に脱毛に適している時期。

黄体期(生理1週間前~生理開始前):お肌が敏感な時期。脱毛トラブルが多い時期。

 

→卵胞期は肌の調子がいちばんよい時なので、脱毛におススメです!

 

生理中の月経期はというと、その時期は刺激に敏感になっています。

そのため光脱毛や医療レーザーの出力を抑えられての施術になる可能性があり、通常よりさらに効果の期待ができなくなります。

せっかく時間とお金をかけるのですから、大いに満足できる効果を得たいものですよね。

 

生理中の脱毛のデメリット【まとめ】

①  生理中は経血により病気や感染症のおそれがある。

②  生理中はホルモンバランスが乱れ、痛みを伴ったり、赤みや炎症を起こしたり、肌トラブルが起こりやすい。

③  生理中は脱毛効果が少々薄くなる。

 

脱毛は生理中でもできる?【まとめ】

 

生理中の脱毛はデメリットが多く、特にVIOラインは不可の店舗がほとんどです。

生理周期が整っている人は、できるだけ生理日にあたらないように予約を入れるよう心がけたいものですね。

生理日の予測のために、基礎体温をつけて体調管理しておくのも有効ですよ。

予想外に生理になってしまった時には、すぐに店舗に連絡をして下さい。

予約の変更ができる時には変更を、変更できない時でかつ施術可能であるならばVIOゾーン以外の部位の脱毛をしてしまったほうがよいでしょう。

生理痛などで痛み止めを服薬した時には、脱毛自体が受けられません。

だからといって、痛いのに我慢をしたり、無理をしたりはやめましょう。

体調万全でストレスなく・楽しく・満足のいく脱毛をしましょう!

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です