このページの先頭です

IPLレーザーとは?フォトフェイシャルの効果はコチラ!

IPLレーザーとレーザーの違いを解析!

IPLレーザー、ご存知ですか?

レーザーでしょ?とお答えの方、実は不正解です!

ただのレーザーではありません。

IPLレーザーは根本的にレーザーとは違う働きなのです。

IPLレーザー=インテンスパルスライトという光を理容した光治療のことで、フォトフェイシャルとも言われています。

 

IPLレーザー(光治療)と通常のレーザーはどう違いが分かっていないと、とても危険。

なので、ここでその違いについて詳しくご説明します。

 

IPLレーザーとレーザーの違いとは?

 

IPLレーザー(光治療)とレーザーの違い、実は、波長とパルス幅です。

 

ところで「波長とパルス幅」とは?

 

【波長】ってなに?

波長とは光の長さのことです。

波長が短いほど皮膚の表面に作用し、波長が長いほど深部まで作用します。

 

【パルス幅】ってなに?

パルス幅とは、レーザー光の照射時間のことです。

0.1秒、100万分の1秒と、その時間は用途によって様々です。

パルス幅が短いほど「熱が広がりにくい」「深い位置のシミに使われる」「威力が強くなる」

という特長があります。

 

IPLレーザーとレーザーの違い【波長・パルス幅】

 

 

IPLレーザー

(光治療:フォトフェイシャル)

レーザー

波長

・複数の波長をもつ

・異なる症状に働きかける。

・1種類単調な波長(複数の種類があり、異なる波長に対応できる)

・一点集中型

パルス幅

・パルス幅が長い

・照射時間が長いので、威力は穏やか。浅いシミに有効。熱が広がりやすい。

<浅く広く作用>

・パルス幅が短い

・照射時間が短く、熱が広がりにくい、深いシミに使用され、威力強くなる。

<深く狭く作用>

 

IPLレーザーとレーザーの違いを解析!【治療】

 

波長とパルス幅が違うのがIPLレーザーとレーザーの大きな違い。

具体的には、この2つにはどの様に違いがあるか見てみましょう。

 

IPLレーザーとレーザーの違い【治療】

 

IPLレーザー

(光治療:フォトフェイシャル)

レーザー
治療方法 顔全体に照射 特定部位に照射
治療後 ・浮き上がった色素が皮膚の代謝により剥がれ落ちる。コラーゲンが生成される。 ・一時的にやけどした状態。数日間でかさぶたが取れ、キレイな肌に蘇る。
治療期間

・時間がかかる

(3~4週間に1回の施術要)

・短い
特徴

・痛みが少ない。

・効果は比較的穏やかだが、照射後に炎症や色素沈着が生じる可能性が低い。

・濃いシミやあざの除去には向いていないが、レーザーでは対応できない薄いシミに効果を発揮。肌全体のシミを軽減し、肌質の改善に効果絶大。

・韓国では治療でも使用されている。

・深いシミやあざに一点集中の短い時間で照射するため、周囲の正常な皮膚細胞には負担なく、除去することができる。

・波長を使い分けることで「脱毛」「シミ」「たるみ」「赤ら顔」「毛穴」「そばかす」など幅広い効果が期待できる。

 

治療法をまとめますと、

濃いシミ(あざ)を今すぐとりたい→レーザー

薄いシミ(あざ)を治療し全体的に肌質改善したい→IPLレーザー

が適していると言えるでしょう。

*全てのケースに当てはまるわけではありません。

 

あなたはどちらのタイプでしたか?

 

ではIPLレーザーについてもう少し深く掘り下げていきたいと思います。

 

IPLレーザーで出来ることを解析!【適応箇所と効果】

 

IPLレーザー(光治療)で薄いシミやアザ&全体の肌質が改善されることは分かりましたが、それ以外にどのような機能があるのか気になりますよね?

では、IPLレーザーで“出来ること”を解析してみましょう!

IPLレーザーで出来ること【適応箇所と効果】

適応箇所 効果
シミ・そばかす・くすみの治療、美白 メラニン色素が肌表面に押し上げられ、シミは数日後自然に剥がれる。顔全体のクスミやひろがるシミ・ソバカスも一気に治療できる。肌に安心。
ニキビ・ニキビ跡・毛穴改善 肌の皮脂バランスを整え、ニキビも改善される。
小じわ解消・ハリ・きめの改善 ターンオーバーを正常化させ、コラーゲンを作成し、肌の保水機能や弾力がアップ。小ジワ・キメ・ハリなど改善される。
赤い顔・赤ムラ解消 ヘモグロビンに反応し赤みや色ムラを解消
脱毛 毛包のメラニンに対しても熱を加えることである程度は脱毛効果期待できる。高い効果を得ようと出力を高くすると、毛包以外のお肌を傷つけて火傷や色素沈着等のトラブルが起きる可能性が非常に高くなる。

 

IPLレーザーはどこで出来るの?【治療場所】

 

IPLレーザーのどこでできるのか、それは病院やエステ、クリニックでも出来ます!

ポイントを比較しながらそれぞれの機関のご紹介をします。

 

  病院(皮膚科) 某クリニック 某エステ
麻酔 なし(場合によっては麻酔クリーム等使用) なし なし(韓国エステは麻酔クリーム有)
照射時間 約10分 約10分 約10分
傷跡・腫れ なし なし なし
洗顔 当日可能 当日可能 当日可能
メイク 当日可能 出来れば翌日からが望ましい 即時可能
入院 なし なし なし
金額 2,000~20,000円 30,000~50,000円

3,000~20,000円

韓国エステ:15万ウォン~25万ウォン

 

<注意事項>

*施術後反応したシミが一時的に濃くなり、まれに赤みを帯びた状態になる場合があるようですが次第に落ち着きます。

*妊娠中の人、ペースメーカー使用中の人、てんかん歴がある人、糖尿病や心疾患のある人、金の糸を入れている人、刺青・アートメイク入れてい人はiplレーザーは基本的に使用できません。各専門機関で確認をしてから行って下さい。

 

ほとんど差はないですね。

あるのは若干金額くらいです。

 

IPLレーザーの感想【体験談・口コミ】

一番気になるのは、実際にIPLレーザーをやってみた感想ですよね。

みなさんの声を集めてみました。

 

~フォトフェイシャル(IPL光治療)【体験談】~

・施術後少しヒリヒリしましたが、すぐに治まりました。

・シミがかさぶたになってきれいにとれてしまいました。驚きました。

・小さい頃からコンプレックスだったソバカスが1回で7~8割消えました。本当にびっくり。

・うれしすぎて毎日鏡見てにやにやしています!やってよかった。

・フォトフェイシャルに毎月通って7年になります。シミ・そばかすがキレイになりました。通い続けることが大切なのかなと思います。

・毛穴もしまってかなり満足です。

・シミで5回目の施術です。全体的には薄くなっているのですが、シミ自体がなかなか頑固で大きくなっているところもあるように思えます。

・2ヶ月前にシミ治療を始めました。腕、手の甲、顔、背中にシミがたくさんあり、夏にノースリーブも半袖も着れない状態でした。

・現在3回目。やっと全体的に薄くなってきた気がします。3回目あたりから効果が出てくるのかな?と思いました。

 

●継続して施術してる人で効果を得ている方が多くいますが、場合によっては効果をあまり感じられない人もいるのですね。

 

IPLレーザーまとめ

IPLレーザーのまとめ

①IPLレーザーは肌全体を美しくしてくれる。

②IPLレーザーはしみ・くすみ・脱毛に優しい効果のため、1回で実感を得ることは少なく継続的に行う必要がある。

③  IPLレーザー病院、クリニック、エステで短時間で施術してもらえる。

 

以上、IPLレーザーのことでした♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です