このページの先頭です

脱毛の時間はどのくらいかかる?時間と流れ【まとめ】

脱毛の時間はどのくらいかかるの?スケジュールを立てるのに知っておこう

脱毛にかかる時間は、脱毛部位、毛質、毛量等が関係しますが、いちばん大きく影響するのが脱毛エステサロンで導入している機器の種類>です。

脇や手足、VIOゾーン等の部分脱毛1箇所ならば、ごく僅かな時間の差にすぎないのですが、全身となると照射面積が広範囲になるので、この小さな差の積み重ねで所要時間が大きく変わってきます。

では、ここで、各サロンの機種と時間の比較、脱毛の流れをまとめて、しっかりとご紹介します!

 

脱毛にかかる時間【脱毛機種と各サロンの比較】

脱毛の時間は、脱毛機器によって大きく変わってきます。

まずは、脱毛機器と取扱いサロン、脱毛時間の比較をしてみましょう。

 

【脱毛機器による各サロン比較】

脱毛サロン名

機種名

全身を脱毛するのにかかる時間(約)

特徴

キレイモ

 

Piel

(IPL方式※1)

120分

純国産の脱毛機。

最終ショットまで安定した状態で照射できるHB(ハイブリット)制御システムを搭載し、脱毛効果が非常に高い。

照射時に-4℃まで冷却するので、冷却ジェルの必要がないので時間が短縮できるが、連射式の脱毛機に比べて時間が少し長め。

銀座カラー

 

自社開発オリジナル脱毛機

(IPL方式※1)

60分

連射式なのに脱毛効果が高く、うぶ毛、細い毛にも効果的。

シミやホクロがあってもそのまま照射でき、テープを貼る時間が短縮できる。

ディオーネ

 

ハイパースキンKAREN

(ハイパースキン法※2)

120分

純国産の美肌脱毛。

独自開発のハイパースキン法で痛みがなく、日焼け、敏感肌、アトピー、黒ずみの対応可能。

脱毛効果にやや時間がかかる。

ミュゼプラチナム

脱毛ラボ※5

 

PSクリプトン

(SSC方式※3)

90分

連射式で施術時間が短縮できる。

脱毛効果がIPL方式よりも少々落ちる。

脱毛ラボ※5

 

クリプトンSEB

(ラボマシンガン)

(SSC方式※3)

60分

IPL方式よりもお肌に優しい施術ができるが、脱毛効果が少し落ちる。

連射式でPSクリプトンよりも短時間で施術できるため、脱毛ラボではクリプトンSEBに移行中。※5

ラココ

ストラッシュ

 

ルミクス

(SHR方式※4)

20~40分

照射範囲は広範囲化可能なので、ラココでは最短で20分で全身脱毛が可能。

うぶ毛にも効果的。

日焼け、黒ずみ肌にも対応し、痛みもない。

シースリー※6

 

C3-GTR

(IPL方式※1)

45分

C3-GTRは置いていない店舗※6がある。

連射式なのにハイパワーで脱毛効果が高く、時間も短縮。

うぶ毛にも対応している。

少々料金が高い。

シースリー※6

 

ルネッサンスGT

(IPL方式※1)

全身を脱毛するのに4回通わなければならない。

ルネッサンスGTは旧方式※6で全身を4回に分けて照射。

 

※1:IPL(インテンスパルス)方式とは、複数の波長をもつ特殊な光をお肌に照射し、ムダ毛の毛穴の奥にある毛母細胞、毛乳頭に刺激を与え、再生を抑制する脱毛方法です。

※2:ハイパースキン法とは、毛周期の休止期に発毛因子に特殊な光を照射し、ムダ毛の発生を抑制する方法です

※3:SSC(スムーススキンコントロール)方式とは、抑毛効果のあるジェルの上にクリプトンライトを照射、毛の再生機能を抑制する方法です。

※4:SHR(蓄熱式脱毛)方式とは、ジェルの上から広範囲に連続で照射。毛穴の毛根全体を取り巻く組織の毛包に働きかけ、毛の再生を抑制する方法です。

※5:脱毛ラボでは他にMSFTクリプトンがあり全部で3種類の機器があります。店舗によって取扱い機種が異なりますので、無料カウンセリング等で確認が必要になります。

※6:シースリーは2種類の機器があり、コースによって脱毛器が変わりますが、全店舗にC3-GTRが設置されてはいないので、無料カウンセリングで取扱い機器の確認が必要になります。

 

この脱毛機器がいいな、という希望がありましたら、まずは無料カウンセリングか、その前の電話予約の際に質問し確認しておくと、よりご希望にあった脱毛ができます。

 

また脱毛は、脱毛エステサロン以外にも、湘南美容外科クリニックリゼクリニックアリシアクリニック等の医療クリニックや美容外科等でも施術を受けられます。

クリニックや美容外科では、脱毛サロンの光脱毛よりも脱毛効果の高いレーザー脱毛となり、施術時間は1時間~4時間と差が大きいです。

 

脱毛にかかる時間【部分脱毛の所要時間】

次は、全身脱毛ではなく、部分脱毛の場合を見てみましょう。

各部位(脱毛パーツ)の所要時間です。

 

脱毛パーツ

脱毛時間(約)

3分~10分

10分~15分

うなじ

10分~15分

Vライン

10分~15分

Iライン

10分~15分

Oライン

10分~15分

お尻(ヒップ)

15分~20分

腕(ひじ上・ひじ下)

20分~40分

足(ひざ下・ひざ上)

30分~50分

背中

30分~40分

胸(全体)

15分~20分

胸(乳輪周り)

5分~10分

15分~20分

 

全身脱毛だと時間が…という方には、部分脱毛やいろいろなパーツを一緒に組み合わせての契約もおすすめです。

各サロンで組み合わせのコースが設定されている場合がありますので、ご予定に合うお得なプランがあるか、店舗スタッフに聞いてみるとよいでしょう。

 

脱毛にかかる時間【施術当日の流れ】

脱毛の時間は施術時間の他に受付や着替え等にも時間を要します。

ここで当日の施術の流れをしっかり確認して、脱毛にかかる全体の時間を見てみましょう。

 

当日の流れ

所要時間

内容

受付

5分

入店したら受付をして、スタッフから名前を呼ばれるまで待ちます。

そのまま部屋に通される場合もあります。

予約時間よりも少し早めに受付をしましょう。

着替え

5分

お部屋に用意されたキャミソールやガウン、巻タオル、VIOの場合には紙パンツ、Tバック等に着替えます。

アクセサリー類はとり外します。

お肌などの確認

1~5分

担当スタッフが、今日の様子を確認します。

お肌の状態や(乾燥してないか、除毛してあるか、特に夏は日焼けしていないか、傷はないか)、体に不調がないか、薬を服用していないか等チェックされます。

ジェル&照射

3分~40分

施術部位をきれいにしてから、ジェルを塗り※、脱毛部位に照射してもらいます。

クールダウン

10分~15分

脱毛終了後、ジェルを拭き取り、冷却パッドや濡れタオルでお肌をクールダウンさせます。

その後、トリートメント等でお肌を保湿してもらいます。

着替え

5分~10分

自分の服に着替え、メイクや髪を直します。

(サロンによっては、パウダールームでメイク直しができる場合があります。)

次回予約

5分

最後に次回の予約をとって終了になります。

まだ日にちが決まっていない場合には、後から電話やウェブで予約を取ることになります。

※脱毛サロンの機種によっては、ジェルの塗付がない場合があります。

 

脱毛時間にもよりますが、部分脱毛の場合には1時間程度で、受付から次回予約まで完了することが多いようです。

脱毛の施術時間は、毛量、毛質、脱毛部位によって若干時間が異なりますが、施術時間+30~40分くらいを目安に考えておくとよいかもしれません。

尚、着替えの時間や、お肌の状態(事前にムダ毛処理されているか、お肌が乾燥していないか傷がないか等)によっても時間の長さが変わってきます。

少しでも早く終了したいのであれば、着替えやすい服装で来店すること、お肌をよい状態にしておくこと、帰りのアイテムとしてマスクや帽子を用意しておくことをおすすめします。

そうすると、着替えやメイク等の手間が省け、施術もはかどり、更なる時間短縮が図れるでしょう。

 

脱毛の時間はどのくらいかかる?のまとめ

 

・脱毛の時間は脱毛サロンの使用機器によって時間が変わります。

・脱毛の時間は部分脱毛のパーツによって時間が変わります。

・脱毛の時間は、施術時間+30~40分位を目安にするとよいでしょう。

・着替えやすい服装やよいお肌の状態での来店で時間が更に短縮できるでしょう。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です