このページの先頭です

顔脱毛をする際には、化粧をしないままで出かけなくてはいけないのか

顔脱毛をする際には、化粧をしないままで出かけなくてはいけないのか

顔脱毛は、表情の印象を変えてくれる施術として、近年注目度を高めてきています。

少し前までは、「顔に生える産毛には効果が低いから」という理由で、顔への施術を断られるケースも少なくありませんでした。

しかし近年では、独自の技術でしっかりと脱毛できるサロンも増えてきています。

そんな顔脱毛をする際に、女性が気にしがちなポイントについて紹介します。

顔を脱毛する場合、施術はもちろんスッピンで

顔の脱毛を行う際には、当然施術はスッピンの状態で行われることになります。

サロンでの脱毛では、様々な手法で毛根にダメージを与えることで、脱毛を進めていきます。

もしも、しっかりメイクで毛穴をふさいでしまっている状態だと、残念ながら刺激が奥まで届いてくれません。せっかく光を照射しても、効果が半減してしまう可能性も高いのです。

また様々な皮膚トラブルも考慮し、ほとんどすべてのサロンで、スッピンの状態で施術を受けることを求められます。

サロンの中で化粧をしていないのは仕方がないこととして、気になるのは行きと帰りの化粧についてです。

サロンでクレンジングすることが可能です

多くのサロンでは、「家からサロンまでスッピンで出かけるのは嫌だ」という女性たちの声に応えるための対策を行っています。
その対策とは、家からサロンまでは化粧をした状態で出かけて、サロンの中で化粧を落とすという方法です。
専用のパウダールームにクレンジング剤などが準備されているケースも多く、手ぶらで行っても安心です。
自分のお気に入りのクレンジング剤がある場合は、もちろん持ち込みで使用しても大丈夫です。
またサロンによっては、スタッフが事前に、丁寧なクレンジングやシェービングを行ってくれるところもあります。メイクの残りを気にする必要がなく、安心できます。

施術後のメイクは可能なのかどうか

家からサロンまでのメイク問題が解決したところで、次に気になるのが施術後のメイクについてです。

施術が終了した直後は、まだ肌に刺激が残っているケースも多いです。また乾燥していることも多いので、しっかりと保湿した上で、できるだけ刺激を避けた方が良いでしょう。

どうしてもメイクが欠かせない場合は、リキッドファンデーションを使うよりも、ミネラルファンデーションで優しく仕上げた方が安心です。あくまでもナチュラルに、最小限のメイクに留めておきましょう。

とはいえ、こうした対応はサロンで採用している脱毛方法によっても異なります。具体的にどれぐらいなら大丈夫なのか、事前にスタッフに聞いておくと良いでしょう。

まとめ

初めての顔脱毛には不安な点も多くあります。

しかしそれらを乗り越えて、無事に施術を受けることができれば、ワントーン明るい素肌を手に入れることもできるでしょう。

気になる点を解決しながら、ぜひ前向きに検討してみてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です