このページの先頭です

【顔のうぶ毛の上手な処理方法】でメイクノリ大幅アップ!

顔のうぶ毛処理、自己流だけど、大丈夫かしら?

顔に生えるうぶ毛、あなたはどんな風に処理していますか?

 

自分で処理する方も多いと思いますが、

誤ったスキンケアは、お肌のトラブルの原因になっているかもしれません!

 

顔のうぶ毛を処理する場合、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?

ここでは気になる顔のうぶ毛処理の方法について紹介します。

 

顔のうぶ毛 肌に優しくツルツルにする方法!

シェーバー、カミソリを使ってうぶ毛を剃る方法

最も一般的に行われている方法だと思います。

顔用の電気シェーバーが、肌を傷つけにくく安全です。

カミソリは安全カミソリを使うと良いでしょう。

T字型カミソリが使いやすいという方はT字を使いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.蒸しタオルを顔の上にあてて、血行を良くし、毛穴を十分開かせる

 

2.石けんの泡は皮脂を取りすぎるのでNG

シェービングクリームを塗って肌を保護しながら剃りましょう。

(最近は、女性向けのシェービングクリームもいろいろ販売されています。)

 

3.うぶ毛の流れに逆らわずに、顔の中央から外に向けて優しく剃る

顔のうぶ毛は下向きに生えています。刃の動きは上から下へが安全の基本です。

毛の流れに逆らうと、カミソリ負けや肌を傷つける原因になります。

 

4.眉周りや口、こめかみからほおの上、鼻下や顔のりんかくなど普段メイクする部分を剃る

目の周りは、眉間を剃り、その次に額を剃ります。

まゆ毛はうぶ毛とは別に剃るので、まゆを持ち上げて押さえ、まぶたの毛を剃ります。

ほっぺたを耳の方に引っ張って、ピンと張りながら剃ります。

鼻の方から外に向けて剃ります。

 

5.抑毛ローションを使い、肌を整える

 

6.顔のうぶ毛は、1週間~10日に1度くらいの頻度で剃る

男性の髭剃りのように毎日剃るのは、肌の炎症や肌荒れといった肌トラブルの原因になります。

・・・・・・・・・・・・・・・

くすみの原因となっている顔の黒いうぶ毛を処理することで、肌の色が白く見えます。

また、古い角質も一緒に剃るので、お肌が柔らかくなります。

だから、ファンデーションや化粧のノリが良くなります!

除毛パックを使う方法

顔にパックを塗り広げ、乾いたらはがすことで、うぶ毛を一気に取り除くお方法です。

時間をかけずに、手軽にうぶ毛の処理ができて、カミソリの様に肌を傷つける心配がありません。

また、角栓も同時に処理ができるというメリットがあります。

しかも、美容成分が配合されているので、スキンケアも行えます。

しかし、パックをはがす時に多少の痛みがあります。

全体的に、うぶ毛を除毛するパックは、お肌に負担のかかるものが多いようです。

乾燥肌の方は、皮脂も取れてしまうので、注意が必要です。

パックをした後の保湿・スキンケアを念入りに行ってください。

美容クリニックを利用する方法

医療資格のある医師や看護師が、肌の状態に合った脱毛をしてくれるので、お肌にトラブルのある方におすすめです。

医療用レーザーを使用する永久脱毛なので、ひととおり脱毛処理が済めば、顔のうぶ毛に悩まされることはなくなります。

費用が高いのがデメリットです。

脱毛エステサロンを利用する方法

脱毛の資格を持つプロが、毛周期に合わせて、肌の状態を見ながら脱毛してくれます。

美容クリニックに比べれば、効果は落ちますが、費用は安くなっています。

体験脱毛を行っているサロンも多いです。

永久脱毛ではありません。

 

顔のうぶ毛の上手な処理方法 まとめ

 

あなたに合った方法は見つかりましたか?

自己処理しているけれど、お肌にトラブルができてしまった場合は、やはり、専門のプロに一度相談しに行かれた方が安心かもしれませんね。

顔のうぶ毛は、お肌がくすんで見える原因です。

お化粧のノリも違ってくるので、うぶ毛を上手に処理すると良いですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です