このページの先頭です

もみあげ剃る?女子だから絶対必要!もみあげの処理と効果

もみあげ剃る?もみあげって男子だけじゃないの?

見落としがちなもみあげライン。

えっ?もみあげって男性じゃないの?

いえいえ実は女性にも“もみあげ”はあります。

髪をアップにした時の耳の横、

「あれっ、産毛みたいなのが渦巻いている」

「濃い毛がボサボサしている」

など自分でも気づく状態もありますが、

実は自分では気づいていなくても、ちょっと残念な方が結構いるんです。

 

せっかくキレイに髪をセットアップしても、もみあげラインが雑だと女性らしさが失われ、たくましさが強調され、かなりのイメージダウン。

男子もがっかりです。

 

気づいた今がチャンスです!

早速お手入れを始めましょう♪

ポイントは2つ。

長さ・形処理方法

 

ではまず長さ・形から見てみましょう。

 

もみあげ剃る?もみあげラインの長さと形【ポイント1】

もみあげがしっかりお手入れされていると、特に髪をアップにしたときの顔がとてもすっきりとエレガントに見えます。お手入れはとても重要なのです。

 

最初のポイントは長さと形

 

まずは長さ

女子の場合、長さはヘアスタイルにもよります。

ショートヘアーの人は耳の中心くらいまで、ロングヘアーの人は耳たぶくらいまでがちょうど良い長さです。

 

もみあげは全部剃りたいところですが、もみあげがなくなってしまうと実はすごくおかしな顔になってしまいます。

ぷっつりまっすぐ切ってしまうのも同じこと。

形は、丸みをもたせた逆三角形が理想的。

アイライナーで逆三角形をかいて▽からハミ出た余分な部分をカットします。

 

長さと形がわかったところで、次は処理方法です。

 

もみあげ剃る?脱毛?もみあげラインの処理方法【ポイント2】

もみあげ処理の方法としては、剃る、切る、脱毛するなどがあります。

処理方法 注意点

○剃る

自己処理:カミソリや電気シェーバーを使用する。

専門(理髪師):レディースシェービング

 

カミソリ

・手軽にできるが肌を傷つけてしまったり炎症を起こす恐れあり。処理後のお手入れを充分に行わなければならない。形を整えるのが難しいのでT字カミソリよりもI字カミソリを使用する。

電気シェーバー

・カミソリほど危険ではなく肌へのダメージもないが、処理後の肌ケアは重要。深剃りはできないのですぐ伸びてくる。

レディースシェービング

・理髪店でないとできない。レディースシェービングを扱っていない処だとパッツンもみあげになる危険がある。月1回剃る必要がある。

○切る

コームとハサミで整える

・手軽に安全にできるが、産毛程度の毛にしかむかない。頻繁な手入れが必要。

○脱毛する

自己処理:脱毛ワックス、除毛クリーム

専門:光脱毛、レーザー、糸脱毛※

※刺繍糸のような糸でくるくる巻き付け毛をからめとっていく。韓国で人気。

ワックス・クリーム

・顔に使用できるものを選ぶこと。痛みをともなうことや肌への負担が多少ある。事後の肌ケアが必要。

光脱毛・レーザー

・専門の脱毛エステなどで行うのですぐには行えない。顔脱毛は1回では終わらない場合が多いが永久に生えてこない利点がある。肌ケアも同時に行える。

糸脱毛

・産毛程度に適用。痛みはほぼない。肌の活性化にもよい。濃く太い毛には向かない

剃る、切るなど自己処理は簡単に行えます。

形を整えるが意外と難しいので不器用さんには自己処理はあまりおススメできないですね。

専門店でお願いするなら、シェービングか脱毛エステか・・迷うところですね。

 

もみあげ剃る?もみあげライン処理の意外な効果【まとめ】

産毛程度なら自己処理で、少し濃いめ、多め、太めなど自己処理が困難な毛の場合は専門家にお任せするのがベターでしょう。

 

肌トラブルを懸念されているのであれば、脱毛エステで施術してもらうのが一番良いかもしれません。永久脱毛ですし、光脱毛、レーザー脱毛、どちらも肌ケアを同時に行えます。

肌ケアもできるなんて最高ですね!

しかも、もみあげラインを処理すると意外な効果があるんですよ。

顔色がかげりなく明るくなる上、顔のサイドのラインがすっきりすることで小顔効果も生まれます♪

髪をアップにしたとき今まで以上に横顔が美しくなるのは間違いなし!

もみあげ処理は女子には必要ですね。

 

もみあげケアで女子力アップ目指しましょう♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です