このページの先頭です

脱毛サロンでの失敗例とは?トラブル防止の対策について! 

脱毛サロンでの失敗例やトラブルについて!

脱毛したいと考えている人は、脱毛を成功させるために、脱毛サロンでの失敗例を知っておくことで、このようにならないように注意することができます。脱毛サロンでの失敗例には、どのようなことがあるのでしょうか。

脱毛期間が思っていたより長く掛かった!

夏になると、手足を出すようなファッションや水着などを着る機会も多くなります。そのため、夏までにムダ毛のないお肌に憧れて冬に脱毛サロンに通い始めたのはいいけれど、脱毛が追い付かず、結局夏以降も続けて通うことになったという失敗例があります。脱毛サロンでムダ毛脱毛を完了するまでには、どのぐらいの期間通わなければならないのかを正確に把握しておく必要があります。

しかし、毛には毛周期があり、体毛量や毛質などの個人差が大きいため、脱毛サロンのスタッフでも完全にムダ毛がなくなる時期を把握することは、非常に難しいことと言えます。このような失敗をしないためには、まずは、脱毛サロンのスタッフの意見を参考にしながら、かなりの余裕を持って脱毛計画を立てることです。脱毛サロンでは、回数制のコースや、全身脱毛で数年間通い放題などのさまざまなコースがあります。

また、結果保証が付いてない場合は、契約内で結果が出なければ追加料金になる可能性もあるのです。そのため、自分の毛周期や体毛量、毛質などから、さまざまな脱毛コースを比較した上で、どのコースが最適なのかを事前にスタッフと十分に相談することをおすすめします。

脱毛施術時に肌トラブルが発生した !

脱毛サロンで行われている光脱毛は、医療機関やクリニックなどで使用されているレーザー脱毛より照射能力が低いため、肌ダメージなども少ないのですが、肌トラブルが全くないと言うわけではありません。脱毛による肌トラブルについては、以下の通りです。

炎症や軽い火傷が起こった!

脱毛後の軽い炎症などは気付かないケースも多いのですが、光を照射しながら脱毛を行っていく方法であるため、炎症が起こりやすいかもしれません。特に、お肌が弱く、乾燥肌や敏感肌の人などは、顔脱毛の施術後などに、ヒリヒリした状態になったりすることがあります。

そのため、顔脱毛後については、クールダウンと保湿をしっかりとしておく必要があります。また、部分脱毛や全身脱毛などでも、施術箇所に炎症や赤味、痒み、浮腫みなどが起こる場合もあります。

毛嚢炎になった!

光脱毛を行うことで、皮膚の弱っている部分の毛穴などに雑菌が入り、毛嚢炎が起こる場合があります。毛嚢炎になるとニキビのような炎症が出る場合もあります。特に、デリケートゾーンなどで起こる場合が多いと言われています。

脱毛でのトラブルを防止するための対策について!

技術の進歩により、炎症や軽い火傷、毛嚢炎などの肌トラブルは減少しつつあります。しかし、自分は絶対被害に遭うことはないと断言できるものではありません。このような事態が起こった場合に困るのは、保証がないケースです。ムダ毛のないツルツルのキレイなお肌を目指して脱毛していたのに、逆に肌トラブルを負ってしまい、トラブル後の保証がないばかりか、治療に掛かる費用などもすべて自己負担というケースもあり得るのです。

このようなトラブルを回避するためには、初回カウンセリングの際に、必ず脱毛によるトラブルの保証が付いているかどうかを確認するようにしましょう。このようなリスクやトラブルなどに対して説明責任を果たすかどうかも、良心的な脱毛サロンかどうかを判断する目安となります。

そして、初めて脱毛を行う場合は、事前に自分の体質や脱毛効果などを知るために、体験コースの利用をおすすめします。また、脱毛サロンでの脱毛施術そのものには問題がなくても、施術後に熱い湯船に浸かったり、温泉に入ったり、日焼けなどをすることで肌トラブルが起こりやすくなるため、十分に注意が必要です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です