このページの先頭です

全身脱毛の準備、剃るのはどこまで?注意点を解説!

全身脱毛の前処理、どこまで剃ればOK?

全身脱毛をする前にはムダ毛の処理を行っておかなくてはいけないのですが、どこまで剃れば良いのか疑問に思っている方も多いでしょう。

全身脱毛では、アンダーヘアや背中なども含まれていますがこれらの部位のムダ毛を自分で処理するのは難しいものです。無理にやっていると怪我をしてしまいそうです。全身脱毛は手の届きやすい部位だけでなく手の届きにくい部位も含まれていますから、自分でどこまで剃れば良いのか困ってしまいます。

また前処理と言っても何日前までに剃ればちょうどよいのでしょうか。これらの疑問点について調べてみましたので参考にして下さい。

 

全身脱毛の基本的な前処理は?

全身脱毛を行う際には、事前にムダ毛の前処理を行ってくるようにとサロンやクリニックから言われます。

全身脱毛ではあらゆる部位を脱毛していくのですが、腕や足、お腹や顔といった身体の前面部分であれば自分でも無理なくムダ毛を剃ることが出来ます。これらの部位に関しては、予約日の2日くらい前には処理しておきましょう。

肌を傷つけない電気シェーバーで剃るようにします。剃り残しがあれば脱毛効果が得られなくなります。

手の届きにくい背中やVIOなどは、出来るだけ頑張って処理して下さいというサロンがほとんどのようです。背中は家族に手伝ってもらい処理してもらうことも出来ますが、それが無理な人もいるでしょう。

基本的に手の届かいない部位は処理しなくても大丈夫です。手の届く範囲で処理をして下さいというのが前提条件となっているので、怪我のリスクがあるのに無理をする必要はありません。

VIOも同様に出来る範囲で処理すれば大丈夫です。IラインやOラインは特に自分では処理しにくい部位なので、剃り残しがあればほとんどのサロンでは追加料金なしに手伝ってくれます。

剃り残しがあれば、施術を断られることもあるので皮膚のギリギリまで剃る人もいます。それでは肌が傷つく可能性があるのでそこまで神経質にならなくても大丈夫です。1㎜くらいであれば剃り残しとは言われないので安心して下さい。

 

シェービングサービスをサロン別に比較してみました!

脱毛前のシェービングサービスについてはサロンによってかなり違いがあります。

キレイモではパックプランを利用していればIOラインや背中などの手の届きにくい部位は無料のシェービングサービスがあります。前処理していかなくてもお店でシェービングしてくれるので安心です。

またそのほかの部位も剃り残しがあれば無料でシェービングを手伝ってくれますが、月額制プランの場合には追加料金がかかってしまいます。

銀座カラーは、そのようなシェービングサービスは一切行われていません。剃り残しがあればそこを避けて照射するので要注意です。しかしIOラインだけは自分で電気シェーバーを持っていけば手伝ってくれます。

脱毛ラボも剃り残しがあれば避けて照射されますが、有料のシェービングサービスもあります。

ミュゼは、背中やうなじ、Oラインに限っては、無料で剃り残しのシェービングを手伝ってくれます。VラインとIラインは剃り残しがあれば避けて照射されます。

恋肌は、背中やうなじ、Oライン、腰に限っては無料でシェービングしてくれますが、そのほかの部位は有料でのシェービングサービスとなります。

手の届きにくい部位は無料でシェービングしてくれるサロンもありますが有料になるところもあるので要注意です。何度も通うことになるのでそのたびに追加料金がかかるのは避けたいものです。シェービングサービスについても事前にしっかりと確認しておきましょう。

全身脱毛の前処理は、手の届く範囲は行っていくのが前提ですが、それ以外の部位はサロンごとに対応が違います。
シェービングサービスは有料なのか無料なのかは大きな違いなので必ず確認しておいて下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です