このページの先頭です

全身脱毛で毛穴のブツブツは解消できる?

全身脱毛すると毛穴はどうなるの?

全身脱毛すると毛穴のブツブツが解消される、毛穴が目立たなくなるということを
耳にすることがありますがこれは本当なのでしょうか。

カミソリやワックス、毛抜きなどを使っての自己処理を長い期間続けていると、
肌がぼろぼろに荒れ毛穴も目立ってきます。
ムダ毛よりも毛穴のブツブツや肌荒れが悩みとなっている人も多いでしょう。
ですから毛穴が目立たなくなることを期待して全身脱毛を始める人も多いかと思います。

しかしいくら脱毛しても毛穴自体は消えないので注意して下さい。
また毛穴を目立たなくするためには脱毛後のケアを正しく行うこともとても大切です。

全身脱毛すれば、毛穴のブツブツは消えるのか詳しくご紹介します。

 

全身脱毛すると「毛穴が目立たなくなる」のはなぜ?

全身脱毛すると毛穴が目立たなくなるなどと言われていますが、
これは脱毛そのものの効果よりも自己処理の回数が減ることの効果によるところが大きいです。

全身脱毛ではレーザーなどの熱エネルギーを毛根に与えて、
毛を作る組織にアプローチしてきます。
毛を作っている毛乳頭や毛母細胞にダメージが加わり、
健康な太い毛が生えてこなくなるのです。
施術を繰り返し行うことで細い弱々しい毛が生えてくるようになります。
回数を重ねればほとんどムダ毛が生えてこない状態になります。

ですから全身脱毛を続けていると自己処理の回数が減っていきます。
施術を重ねるたびに、カミソリや毛抜きでの自己処理の頻度も減るので皮膚や毛穴へのダメージが軽くなります。

毛抜きは毛穴の炎症を招き毛穴を目立たせますし、
カミソリやシェーバーでは角質までもを削ってしまうので肌が乾燥して肌荒れを起こします。
肌が乾燥すれば肌のキメも乱れ、毛穴も目立つようになります。
ムダ毛を処理してキレイな肌になるために行っている自己処理で、
毛穴がどんどん目立つようになり肌がぼろぼろになってしまうのです。

全身脱毛すれば自己処理がほとんど必要ない肌になるので毛穴や皮膚への
ダメージが軽減されて毛穴も目立たなくなっていくのです。

 

全身脱毛後に「毛穴が目立つ」理由と改善ケアは?

全身脱毛すれば毛穴が目立たなくなり肌のキメも整えられてキレイな肌になった
という人が多いのですが、中には反対に毛穴が目立つようになったという人もいます。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛でも毛穴にダメージが加わっています。
高熱で毛根にアプローチしていく施術なので、毛穴が炎症して肌も急激に乾燥します。
ですから脱毛直後は毛穴が炎症を起こし毛穴が開き、目立つようになるのです。

これを防ぐためにほとんどの脱毛サロンやクリニックでは施術後に肌を冷やしたり、
ローションなどで保湿ケアが行われます。
このようなお手入れは自宅に帰ってからも続けて下さい。
肌がほてっているようなら保冷剤を巻いたタオルを当てて冷やすなど、
保湿ケアを続けましょう。
特に保湿ケアは大切で、毛穴の開き、目立ちを予防するために欠かせません。

全身脱毛を定期的に行っていると肌も乾燥しやすい状態になっています。
毛穴が目立つようなら毎日の保湿ケアが足りていないのかも知れません。
お風呂上りにはボディーミルクなどで全身の保湿ケアを行うのを習慣にすれば、
毛穴も目立たなくなりキメの整ったつるつる肌になれるはずです。

毛抜きやカミソリなどの自己処理は毛穴トラブルを招き、
取り返しのつかないことにもなります。
全身脱毛をすれば自己処理の煩わしさと毛穴トラブルからも解放されます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です