このページの先頭です

全身脱毛の副作用が心配!リスクや体への影響は?

全身脱毛をしたいけど、副作用はあるの?

全身脱毛は光やレーザーで少しずつ毛根にダメージを与えていく施術を行っています。

ですから肌にも少なからず負担がかかっています。

施術の回数を重ねることで徐々にムダ毛も生えてこない状態になるのですが、それと同時に身体やお肌への副作用が気になるという人も多いです。

全身脱毛の副作用についての噂はいろいろとあるようで、これが気になって全身脱毛を躊躇しているという人もいるでしょう。

噂されている皮膚がんのリスクのことや何か後遺症が残ることはないのか、妊娠中は大丈夫なのかなど全身脱毛の副作用について調べてみました。

 

全身脱毛で考えられる副作用とは?

全身脱毛の副作用としてよくあるのが皮膚の赤みです。

よほどひどい状態にならなければ脱毛後にある程度の赤みが出るのは仕方のないことで、これは皮膚の炎症によるものです。

光やレーザーを当てて毛根を破壊していくので、皮膚は軽いやけどの手前のような状態になります。

炎症による赤みは脱毛してから数時間から翌日にかけて起こることがあります。

赤みと同時に痒みやヒリヒリとした軽い痛みを伴うこともあります。

赤みを防ぐためには自宅に帰ってからも保冷剤で冷やしてクールダウンしたり、化粧水で保湿ケアをするのが効果的です。

赤みが出ても通常であれば、2日3日くらいで治まっていくものです。

しかし赤みが3日以上も続き色素沈着して黒ずんでしまうようならやけどをしてしまっているかも知れません。

正しく施術が行われて入ればやけどをすることはありません。

照射の威力が強すぎたり脱毛マシンに何かしらの問題があるなど、何かしら問題がないと通常の脱毛ではやけどにはなりません。

もしこのような状態になったら、サロンやクリニックに連絡をして早めに治療を受けましょう。

肌の乾燥や日焼けは脱毛のダメージを大きくしてやけどのリスクも高めるので、保湿ケアやUVケアを心がけるようにしましょう。

ニキビみたいな赤いぶつぶつが出来る毛嚢炎になる人もいます。

脱毛以外でも自己処理などで起こりやすい肌トラブルです。

肌がダメージを受けバリア機能が低下したところに雑菌が感染することで起こる症状で、肌を清潔にしたり保湿ケアで対処していきます。

脱毛したら毛が太く濃くなったという人が稀にいます。

このような状態を硬毛化と言い、光の刺激によって顔や背中の産毛が太く濃く成長してしまうのです。

クリニックではマシンの種類を変えたり、サロンでは照射を繰り返して濃くなったムダ毛を減らして対処していきます。

全身脱毛でよく聞く後遺症。 これって本当?

全身脱毛をすると皮膚への副作用だけでなく、怖い後遺症があるということも良く聞かれます。

まずよく耳にするのが汗の量が増えるというものです。

脱毛するのですから毛穴も小さくなり汗の量も減りそうですが、反対にムダ毛がなくなることで発汗に敏感になるようです。

脱毛で汗の量が増えるということはありえないことです。

全身脱毛の後遺症で皮膚がんになるという噂も耳にします。

紫外線は皮膚がんの原因ですから、脱毛の照射も皮膚がんに影響しそうです。

しかしそもそも紫外線と脱毛で照射される光は種類が違い、脱毛で使用されるレーザーや光は皮膚表面にしか届きません。

日本医学脱毛協会も、皮膚がんのリスクはないと報告しています。

他に全身脱毛するとホルモンバランスが乱れるとも言われています。

確かにホルモンの作用で体毛が作られており、出産や閉経などのホルモンバランスの変化で体毛量が変化することがあります。

しかし、脱毛でホルモンバランスが乱れるという反対の作用は起こりません。

また妊娠中は脱毛をすることが出来ませんが、これは胎児への影響があるからではなくあくまでも母親のホルモンバランスが乱れるからです。

身体も心も不安定になる妊娠中は脱毛を避けて、産後落ち着いてから再開しましょう。

全身脱毛を安全に行うために、注意することは?

 

全身脱毛を安全に行うためには、まず普段から保湿ケアを心がけましょう。

乾燥肌は脱毛後の赤みややけど、毛嚢炎などの肌トラブルを起こしやすくする原因となります。

また肌が乾燥していると脱毛の光も届きにくくなり脱毛効果も十分に発揮できなくなりますし、施術中の痛みも強くなります。

全身脱毛を始めたら、それまで以上に保湿ケアを心がけましょう。

お風呂上りなどにはしっかりとボディクリームを塗ってうるおいのある肌を保ちましょう。

また生理中は施術を避けましょう。

生理中は妊娠中と同じようにホルモンバランスが乱れて肌も敏感になっているので、安全に行うためにも施術は避けましょう。

生理中の脱毛は行えないことになっているサロンがほとんどです。

施術の前日までにはムダ毛を電気シェーバーで剃っておくことも大切なことです。

伸びたままだとそこに光が反応して危険です。

カミソリで自己処理すると皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、電気シェーバーを使うのがおすすめです。

サロンで全身脱毛をする場合には、万が一の肌トラブルに対応してくれる保証があるかどうかも確認しておきましょう。

提携の皮膚科があり、治療費を負担してくれるサロンもあります。

全身脱毛が初めてで経験がないという人は不安もたくさんあるかと思いますが、保湿ケアを心がけて事前の自己処理も丁寧に行えばまず副作用などもないので安心して下さい。

全身脱毛は、副作用や後遺症などさまざまなことが言われていますが根も葉もない噂も多いです。

安全に全身脱毛を受けるためには、保湿ケアやUVケアを心がけてサロンやクリニックのルールを守るようにしましょう。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です