このページの先頭です

全身脱毛前の剃り残し対策は?どれくらいならOK?

全身脱毛で剃り残しは断られる?対策法は?

脱毛サロンやクリニックで全身脱毛をする時には、前もって脱毛箇所を自己処理しておかなければいけません。
施術前に自宅で自己処理をしておかないと施術を断られる場合や、当日シェービングをしてくれるものの追加料金がかかるケースもあるので要注意です。

各脱毛サロンやクリニックによって対応は違うのですが、ほとんどのサロンやクリニックでは施術前にムダ毛を自己処理しておくようにと言われます。
予約前には施術箇所をキレイにお手入れしないといけないのですが、全身脱毛ともなると自己処理が難しい部位もありどう対処すれば良いか困ることもあります。

 

全身脱毛前の剃り残し対策は?

全身脱毛前にムダ毛の剃り残しがあると施術を断られてしまうのは危険だからです。

脱毛サロンやクリニックでは、黒い色に反応するレーザーや光エネルギーを使って毛根にダメージを与える施術が行われます。ですからムダ毛は生えたままでは、そこに反応して皮膚にダメージが及びます。

施術前にはムダ毛をキレイにお手入れしておく必要がありますが、予約日にお手入れするは避けた方が良いでしょう。万が一、皮膚に傷がついてしまっては施術が出来なくなります。予約日の1日か2日前くらいに施術箇所のお手入れをしておけば良いでしょう。

ムダ毛の自己処理にはいろいろな方法がありますが、施術前の自己処理では毛抜きやワックス、脱毛テープなどを利用してはいけません。これらを利用すると毛根まで抜き取ってしまうからです。毛根まで抜き取ってしまっては、レーザーや光エネルギーを毛根に与えることが出来ず効果が得られません。

一番おすすめなのは電気シェーバーです。脱毛サロンやクリニックでも脱毛前のお手入れは電気シェーバーを使うようにと薦められるはずです。その理由は、電気シェーバーが一番皮膚へのダメージが少ないからです。カミソリではムダ毛と一緒に皮膚まで削れてしまいますが、電気シェーバーなら皮膚を削ることなくムダ毛だけを剃っていくことが出来ます。

腕や足、わきなどの普段やり慣れているムダ毛のお手入れならスムーズに行えますが、全身脱毛となるとVIOや背中などの自己処理も必要になってきます。

背中は自分では手が届きませんし、VIOもきれいに処理できるか不安です。背中は家族に手伝ってもらったり、VIOは専用のシェーバーを利用してお手入れすれば剃りやすくなります。

 

全身脱毛前の剃り残しは、サロンによって対応が違う!

背中やVIOなどの自己処理が難しい箇所は、当日スタッフが追加料金なしで処理してくれるサロンもあります。
しかし追加料金がかかるサロンやクリニックが多く、剃り残しがあれば避けて施術をするという厳しいサロンも多いので注意が必要です。

サロンによって対応もさまざまですが、例えばミュゼは背中やOライン、襟足に限っては剃り残しがあればシェービングを手伝ってくれます。
キレイモは、パックプランでの契約ならIOラインと背中、うなじなどの手の届きにくい場所は、無料でシェービングを行ってくれます。
銀座カラーはお店でのシェービングサービスは一切ありませんが、シェーバーを持参すればIOラインのみ手伝ってくれます。
脱毛ラボや湘南美容外科ではお店でもシェービングしてくれますが追加料金がかかります。

全身脱毛前には電気シェーバーで丁寧に自己処理をしておきましょう
剃り残しがあった時には追加料金がかったり、剃り残し箇所を避けての施術になるなど厳しいので注意して下さい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です