このページの先頭です

【脱毛】服薬中に脱毛はできる?ズバリお答えします!

脱毛は薬を飲んでいてもできる?

 

脱毛は、薬を飲んでいても大丈夫なのかしら?

 

脱毛サロンで全身脱毛を断られない?

 

もしかして副作用が起こったりしない?!

 

と、ご心配のあなた。

 

実は薬の種類によって脱毛できない事があるようです。

 

脱毛の施術に影響の出ることのある薬があるので、

注意が必要なのは間違いありません。

 

ここでは、代表的な薬の種類別に、全身脱毛できるかできないかの疑問を徹底調査し、

脱毛前のあなたの不安解消のお手伝いをします!

 

脱毛は、風邪薬を飲んでいてもできる?

脱毛サロンでの施術の場合、風邪気味や頭痛等で風邪薬を飲んでいると、

全身脱毛に限らず脱毛をお客様にお断りする場合が多いようです。(※)

 

それは市販薬、処方箋に関係なく、理由は風邪薬の「抗生物質」のようです。

 

普段でも脱毛時には光脱毛(フォトフェイシャル脱毛、光レーザー脱毛)の熱エネルギー、光反応で体内に熱を帯びやすいのですが、抗生物質の影響により、普段よりも過剰に反応し、痛みやかゆみ、炎症、火傷などの肌トラブルが発生する恐れがあるからです。

 

実はこの症状は「光線過敏症」。

 

抗生物質の副作用にこの「光線過敏症」が含まれているため、ムダ毛の脱毛による危険が危惧されているようです。

 

※服用当日はもちろんのこと、何日前の服用であれば脱毛が可能かは、サロンやエステによって異なります。

 

脱毛は、花粉症の薬を飲んでいてもできる?

では、花粉症の薬はどうでしょうか?

花粉症の薬には、抗ヒスタミン薬、抗アセチルコリン薬、ステロイド系の薬があります。

抗ヒスタミン薬には抗生物質同様に「光線過敏症」の副作用があるので、基本的には脱毛はしないほうが良いとされています。

脱毛サロンによっては施術可能 の場合がありますので、薬の内容を正確にお伝えして、脱毛サロンに施術OKか施術NGかをしっかり確認して下さい。

 

脱毛は、漢方薬を飲んでいてもできる?

健康のためにと飲用が増えている漢方薬。

脱毛の観点から言うと、日常的な投薬がない場合には施術できる場合もあるようです。

常用的な服用の場合には脱毛はしない方が良いとされているようです。

どちらも、薬の種類や各エステサロンの店舗ごとの設定により施術できる場合とできない場合とがありますので、店舗スタッフに直接確認をする必要があります。

 

脱毛は、予防接種を受けていてもできる?

施術前に予防接種を受けている時には、脱毛はできないことが多いようです。

予防接種後は、通常でも発熱や皮膚の炎症を伴うことがありますので、ご自身の体の状態に合わせて、健康でないと感じている場合には脱毛サロンでOKが出ても、自己責任上やめておいた方が良さそうです。

予防接種後どのくらい間隔をあければ施術できるか、現在脱毛できる状態かは、各サロンによって、10日であったり、それ以上であったり、まちまちですので、直接サロンにご確認いただいた方が間違いありません。

 

脱毛は、サプリメント飲んでいてもできる?

サプリメントは不足している栄養を補うために摂取するもの。

薬とは違いますので、サプリメントを摂取していても脱毛はできることが多いようです。

 

むしろ摂取することでホルモンバランスが正常に保たれるようになるので、脱毛に悪く影響を及ぼすことはないようです。

但し、各サロンやエステによって施術可能の範囲が変わってきますので、必ず脱毛サロン、エステにサプリメントを摂取している事をお伝えし脱毛可能か確認をして下さい。

 

脱毛ができるその他の薬(一例)

市販薬については(※)、常用でない限り、予約日の当日服用されていなければ脱毛可能とされる事が多いようです。

(※光線過敏症の副作用がある成分の市販薬を除く。)

その場合○時間以上たっている事など制約があるようですので、確認が必要です。

 

処方箋については、低用量ピルのピル服用は病院の医師の確認をして許可が出れば脱毛できる場合があります。

 

また便秘薬については脱毛可能なサロンが多いようですので、サロンに確認をする事が必要となります。

 

いずれにしても処方箋はサロンへの確認(できれば医療機関の医師にも)、市販薬はサロンへの確認(できれば薬剤師も)を行い、ご自身の体を守るために必ず事前カウンセリングでサロンスタッフか、予約時にサロンオペレーターに服薬中や治療中、既往歴について正確にお伝えし、脱毛可能かを聞いてから施術して下さい。

 

脱毛ができないその他の薬(一例)

光線過敏症の副作用がある薬は市販薬で購入も可能です。

知らずに服薬していると脱毛時危険がありますので、ご注意下さい。

ここに、光線過敏症の副作用がある薬の一例を挙げますのでご参考にして下さい。

・抗生物質

・抗ヒスタミン薬

・三環系抗うつ薬・精神安定剤

・解熱鎮痛薬

・経口抗真菌薬

・抗がん剤

・利尿剤

・血糖降下薬

・塩酸チリンロール

 

この他に「光線過敏症」ではないのですが、ホルモン剤を飲んだ場合は脱毛の効果を得にくいので、脱毛は延期した方が良いという事もあります。

 

また、薬だけでなく、脱毛を断られる病気や身体の状態がありますので一例を挙げます。

・癌

・B型肝炎やC型肝炎など感染病

・心臓病

・甲状腺機能亢進症等甲状腺疾患

・緑内障

・アルコール依存症

・重度の糖尿病

・てんかん

・骨祖しょう症

・椎間板ヘルニア

・薬物アレルギー

・ペースメーカー使用

・パジェット病

・ケロイド体質

・妊娠中、授乳中

・光過敏症

等です。

 

上記の場合には特に注意して必ず申し出て確認して下さい。

その他にも既往歴のある場合、脱毛できるか否かを確認する事が非常に重要です。

 

事前カウンセリングでは、既往歴、服薬中の有無を必ず聞かれると思いますので、間違いのないよう、正しくお伝え下さい。

 

脱毛は、薬を飲んでいてもできる?まとめ

●「光線過敏症」の副作用のある薬を服用している場合には基本的に全身脱毛できないとされています。

●市販薬の場合には脱毛できる場合があります。

確認が必要です。

●処方箋の場合には、低用量ピル、漢方薬、便秘薬等は脱毛できる場合があります。

確認が必要です。

●薬以外にも病気や身体の状態で脱毛できない場合があります。

●予防接種は各サロンによって数日間あける必要があります。

確認が必要です。

●脱毛サロンの事前カウンセリングで、投薬の有無や既往歴は正確にお伝えする事が大切です。

脱毛サロンには、ミュゼ、ディオーネ、銀座カラー、エピレ、キレイモがあります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です